ビタブリッドC 非公式ガイド

ビタブリッドCヘアーやフェイスについて、効果を証明する論文からクーポンの使い方まで全て公開。

logo

ビタブリッドジャパンは怪しい会社なのか?

ビタブリッドCを販売している会社は怪しい?

Amazonや楽天とは異なる、インターネットでしか販売していない会社のサイトで商品を購入する際、「その会社、怪しい会社じゃないの?」という疑問はつきものですよね。

ビタブリッドCシリーズを販売しているビタブリッドジャパン社(Vitabrid Japan Inc.)は一体どんな会社なのでしょうか? 今回は販売会社について詳しく解説します。

注:一応Amazonにも公式出店を始めたようです。「Amazonで見る

参考:ビタブリッドCヘアーがビタミンC効果で髪が生える全ロジック
参考:ビタブリッドCフェイスには本当に美白効果はあるのか→ある!

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

ビタブリッドジャパンはいいオフィスビルに入居

商品名がそのまま会社になっているような、ビタブリッドジャパン。この会社はどういう会社なのでしょうか?? ビタブリッドジャパンは上場企業ではないので、企業情報を開示する義務がないため、表面上分かる情報はこちらだけです。

ビタブリッドジャパン会社概要(2018.04 現在)会社概要

書いてある情報はこちらです。連絡先等は省きます。

会社名株式会社ビタブリッド ジャパン
所在地東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ15F
設立年月日:平成26年4月22日
資本金1億4,000万円(資本準備金を含む)

たったこれだけの会社概要ですが、ビタブリッドジャパンが怪しい会社かそうでないかは少し分かります。例えば入居しているビル

赤坂ガーデンシティ

これが東京都港区の「赤坂ガーデンシティ」ビルです。19階建ての15階に入っているそうです。少なくとも雑居ビルの怪しいオフィスとかではなさそうです(笑) ※気がついたら18階から15階に移って、電話受付時間が18時から21時に延長されてました(2018.02)

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

ビタブリッドジャパンは資本金が厚い

また、目をみはるのは、資本金の多さです。「資本金:1億4,000万円」とありますが、これを同様な通販会社と比較してみます。

サントリーウェルネス:5億円
ビタブリッドジャパン1億4千万円
ドクターシーラボ:1億2千万円

やずや:2,000万円(少なっ!)
世田谷自然食品:1,000万円(少なっ!)
チャップアップの会社:公表してない!

一般的に、資本金の厚さは、展開できるビジネス規模の大きさと密接に関わります。厚い資本で大量にビジネス展開するような場合が多いようですね。

やずやさんや世田谷自然食品さんが資本金が少ないのは、私の予想ですが、

1)税金対策

資本金が1億円超えると中小企業から大企業になっちゃって優遇税制がなくなります。逆にビタブリッドジャパンは中小企業の特例は活かせていないことになります。

2)コツコツ長年大きくなってきた

主にこっちかもしれません。コツコツ事業を拡大してきている場合、資本金が少なくても資金に困らないようなケースが良くあります。

以上、ビタブリッドジャパンは少なくとも、1億以上のお金を使ってビジネスを回しているような会社なのでしょう。中小企業ではないようです。

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

実は東証一部上場企業の子会社です!

結論を先に申し上げますと、実はビタブリッドジャパンは、東京証券取引所一部に上場している、株式会社ベクトルの子会社なのです。TOPページのグループ概要に入っています。(入居しているビルも親会社ベクトルと同じフロアです。)

ベクトルグループ株式会社ベクトル:http://vectorinc.co.jp/

なるほど、東証一部上場企業の子会社なので、オフィスも立派、資本金も分厚く、タレントを使ったプロモーションもできている、ということになりますね。

また、実は親会社はベクトルグループではありますが、ビタブリッドジャパンにはもう一つの親会社があります。それは韓国企業の現代IBT社です。ビタブリッドCを開発した、大本の企業ですね。株式会社ベクトルの投資家向け資料にこのような説明がありました。

ベクトルビタブリッド01

美容大国韓国の上場企業である「現代IBT(HyundaiIBT)」とのJV(ジョイント・ベンチャー)事業を開始、と書いてあります。ということで、ビタブリッドジャパンのもう一人の親に当たる企業は、韓国の4大財閥の一つ現代グループの現代IBT社となっているようです。(注:出資比率は分かりません)(注2:過去は現代グループだった、という事実が正しいようです。今はグループから外れています。)

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

ビタブリッドジャパンの売上予想

親会社が東証一部上場企業ですと、子会社として「親会社の業績に影響を与える」ならば、投資家向けに報告しなければならない義務があります。要するに株価に影響を与えるってわけですね。

最新版のベクトル社の決算報告資料に、このようなページがありました。

ベクトルビタブリッド02

なんと! 2016年で売上18億円だそうです。過去からの累計では20億円を超えていますね。というか2015年から2016年の大ブレイクっぷりがすごいです。

仮に平均商品単価が5,000円としたら、2016年までで40万本は日本国内で販売している計算になります。もっとも、最近のビタブリッドCフェイスやヘアーのウェブサイトを見ると、「日本国内で50万本突破!」と書いてありますので、とっくに50万本は販売しているのだと考えられます。

2018.04 追記:
最新のベクトルグループの決算資料を見ると実績が更新されていました。

決算発表2018

順調に売上、利益を伸ばしているようです。経営はとても健全だということです。目標の26億円を上回る28.5億円でしたし。

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

参考:ビタブリッドCヘアーがビタミンC効果で髪が生える全ロジック
参考:ビタブリッドCフェイスには本当に美白効果はあるのか→ある!

上場企業の子会社だと安心?信じて良い?

結局のところ、ビタブリッドジャパン社は信じて良い企業なのでしょうか?

まず、一部上場企業の子会社であるということは、不祥事や問題があると、親会社に多大な迷惑をかけて株価が下がる、ということになります。東芝もそうですしオリンパスも子会社不祥事がありましたし、上場企業の子会社は親会社に迷惑を掛けてはいけないのです。ニュースになり、株価が暴落します。

オリンパス不祥事

 

したがって、マネジメントといいますか、法律を守るコンプライアンスの仕組みや、技術や論文などによる裏付けのない宣伝はできるだけしないとか、関係機関に指摘を受けた際、根拠を公開できるだけのデータはあるのだろう、と考えても良いのではないでしょうか。

東証一部よりも小さい新興市場、マザーズ上場企業くらいだと、不祥事起こす会社も多数ありますが、一部上場企業の子会社だと結構ちゃんとしているのではないかと、私は思います。

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

まとめ:ビタブリッドジャパンはまともな会社

そもそもビタブリッドC自体、親会社のベクトル社が、新規事業として大きな期待をかけて生み出した、大掛かりなプロジェクトのように感じます。

元々は韓国の現代IBT社が持っていた商品や製造特許等を使って、日本にも進化型ビタミンCによる育毛や美白体験を持ち込もうとしたのが始まりのようです。アジア地区での独占販売権を取得して、ビタブリッドジャパン社を作って販売を開始したのが2014年とのこと。

そんなビタブリッドジャパン社は私の目から見て、歴史は浅いですが、良くわからない会社に比べれば、比較的まともな通販会社なのではないかな、と思えます。皆さんにはどのように映りましたか? 

少なくとも、企業情報が良くわからない育毛剤の会社よりは、よっぽど素性ははっきりしていますね!

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

余談:投資家向け資料で見つけた週刊現代記事

投資家向け資料にこんなのも見つけちゃいました。

週刊現代ベクトル

これがビタブリッドCヘアーが一躍有名になった「奇跡の毛生え薬」ビタブリッドCで生えた!増えた!との週刊現代さんの記事です。クリックで拡大しますのでよろしければご覧くださいませ。

では、本日の通信はここまで。調べれば色々出てくるもんです。

参考:完全解明!ビタブリッドCヘアーがビタミンCで髪が生える全ロジック(論文解説多数)
参考:ビタブリッドCフェイスには本当に美白効果はあるのか→ある!

ビタブリッドCヘアーEX特別キャンペーン
ビタブリッドCフェイス特別キャンペーン

-ビタブリッドCフェイス, ビタブリッドC, ビタブリッドCヘアー
-,